宮城のニュース

藤崎とエスパル仙台 7日以降も臨時休業

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の期限が6日から延長される見通しになったのを受け、仙台市の大型商業施設は1日、臨時休業期間を延ばすことを決めた。
 藤崎は当初6日までだった休業措置を7日以降も続ける。平日のみだった地下1、2階の食品フロアの営業を土日祝日にも広げる方針だ。
 同社の担当者は「外出自粛要請が長期化するため、お客さまの利便性を考えた」と話す。今後は緊急事態宣言の解除時期に合わせて営業再開日を検討する。
 エスパル仙台も臨時休館を当面延長し、本館地下1階、東館2階の食品フロア、東館の医療機関のみ営業する。アエルは医療機関を除く10日までの休業を発表している。
 仙台パルコ、仙台三越などは7日以降の営業について連休中に判断する見通し。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年05月02日土曜日


先頭に戻る