宮城のニュース

10万円給付申請受け付け 宮城の全市町村が月内開始

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として一律10万円を配る「特別定額給付金」について、宮城県内全35市町村が今月中に申請の受け付けを始める見通しとなったことが1日、河北新報社の調べで分かった。
 各市町村の申請と支給の開始予定時期は表の通り。申請は主に市町村発送の申請書を郵送で返信するか、マイナンバーカードを使うオンライン方式で行う。
 国の2020年度補正予算成立に伴い、気仙沼、蔵王など10市町村は1日、オンライン申請による受け付けをスタート。一部市町村でアクセスが集中し、手続きしにくい時間帯があった。
 申請から支給までには2〜3週間かかるとみられる。支給時期は七ケ宿町が最も早い13日で、多くの市町村が今月下旬の予定。一方、大河原町は6月上旬にずれ込み、白石市も郵送で申請した場合、6月になる公算が大きい。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月02日土曜日


先頭に戻る