福島のニュース

福島イノベ構想 計画実施期間を25年度末まで延長 政府、県の申請認定

 東京電力福島第1原発事故で被災した福島県浜通りに新産業を創出する「福島イノベーション・コースト構想」について、政府は1日、県から変更申請があった重点推進計画を認定した。計画の実施期間を5年間延長し、2025年度末までとする。
 重点分野は従来の廃炉、ロボット、エネルギー、農林水産のほか、医療と航空宇宙を新たに追加し、合わせて6項目とした。構想を支える企業の参画や交通網の整備、人材育成の推進などの方針も盛り込んだ。
 構想に関する目標を定めた重点推進計画は13年4月、県が福島復興再生特別措置法に基づいて作成し、18年4月に一部変更した。企業が計画に沿って事業を進めた場合、特許料の軽減や国有施設の提供といった政府の支援を受けられる。
 田中和徳復興相は1日の閣議後記者会見で「浜通りの自立的かつ持続的な発展に向け、構想の実現に取り組む」と述べた。


2020年05月02日土曜日


先頭に戻る