広域のニュース

仙台で初夏日 正午29.8度 福島・相馬は真夏日

初夏を思わせる日差しの下、新緑の始まった青葉通を歩く人たち=2日午前10時30分ごろ、仙台市青葉区

 宮城県内は2日、高気圧に覆われ、朝から気温がぐんぐん上昇した。仙台管区気象台によると、仙台市の気温は正午現在で29.8度に達し、今年初めての夏日を記録した。
 正午までの最高気温は丸森29.9度、蔵王29.4度、白石29.0度となり、各地で今年一番の暑さとなった。福島県相馬市では30.2度を観測し真夏日となった。
 並木の若葉が日差しに映える仙台市青葉区の青葉通では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で歩く人の姿はまばらだった。
 気象台によると、宮城県内では3日も高気圧に覆われ、気温の高い状態が続くという。


関連ページ: 広域 社会

2020年05月02日土曜日


先頭に戻る