宮城のニュース

焼きそば、スイーツなど12店 ドライブスルーマーケット 東松島、有志企画

ドライブスルーで飲食物を販売したマーケット

 宮城県石巻地方の飲食店経営者有志らがドライブスルー方式で飲食物を販売する「石巻ドライブスルー☆マーケット」が4日、東松島市赤井のパチンコ店「JOYPARK赤井店」駐車場で始まった。6日まで。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げ減少に悩む飲食店の経営継続を願って企画。石巻市と南三陸町、仙台市の12店が弁当や焼きそば、スイーツといった20商品を用意した。
 来場者は入り口に掲示されたメニューから番号で注文。車から降りずに会計し、商品を受け取った。
 焼き鳥や唐揚げなどを買った石巻市大街道の会社員阿部善政さん(57)は「飲食店を応援したくて妻と来た。酒のつまみとして楽しみたい」と笑顔を見せた。
 県の要請に応じて臨時休業中のパチンコ店駐車場を無償で借りた。呼び掛け人の焼き鳥店経営草野雄太さん(39)=石巻市門脇=は「飲食店を取り巻く状況は厳しいが、世の中を元気にするのが本来の役割のはず。感染防止策を徹底して今後も続けたい」と話した。
 開催時間は午前11時〜午後2時。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年05月05日火曜日


先頭に戻る