宮城のニュース

こいのぼり悠々、子どもたちに元気を 石巻

青空を泳ぐ色鮮やかなこいのぼり。奥に見えるのは災害公営住宅=4日午前11時50分ごろ、石巻市南浜町

 きょうはこどもの日。東日本大震災で被災した石巻市南浜町にある「がんばろう!石巻」の看板周辺には約50匹のこいのぼりが掲げられ、悠々と空を泳いでいる。5月中旬まで。
 地元の市民団体が主催。被災した子どもたちを元気づけようと2011年、復興支援として届いたこいのぼりを掲げたのが始まりで、10回目を迎えた。
 市民団体の黒沢健一事務局長(49)は「新型コロナウイルスの影響で閉塞(へいそく)感が漂う現状は、震災後のやるせない感じに似ている。こいのぼりを通じ、少しでも希望を届けたい」と願う。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月05日火曜日


先頭に戻る