岩手のニュース

顔立ち神々しく アマビエが南部鉄器に「自粛疲れ癒やして」

アマビエをデザインした南部鉄器

 創業172年の南部鉄器工房及富(岩手県奥州市)が、新型コロナウイルスの感染拡大で注目されている疫病退散の妖怪「アマビエ」をかたどった南部鉄器を販売している。
 サイズは高さ5センチ、幅2センチ。神々しさを感じさせる顔立ちが人気を呼び、既に全国各地から約1万件の注文を受けた。
 デザインした同社の職人菊池海人さん(36)は「自粛疲れの生活に小さな癒やしを与えられたら」と話す。鉄分補給のため、料理の際に食材と一緒に煮込むことも勧める。
 1800円。電話とインターネットで注文を受け付ける。連絡先は019(725)8511。


関連ページ: 岩手 経済 新型コロナ

2020年05月06日水曜日


先頭に戻る