秋田のニュース

10万円でホームシアター 秋田のオーディオ評論家、巣ごもり指南

自宅の機器を調整する逆木さん。ホームシアターの魅力を発信する

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために自宅で過ごす「巣ごもり」のこつを秋田県湯沢市のオーディオ評論家逆木一(さかきはじめ)さん(33)が動画やブログで発信している。「(全国民に支給する国の)給付金10万円で、基本的なホームシアターが構築できる」と指南する。
 動画投稿サイト「ユーチューブ」と自らのブログにオーディオ初心者向けの内容を載せている。お薦めの機材は、エントリークラスのオーディオビジュアル(AV)アンプと5.1チャンネルのスピーカー。自宅のテレビで臨場感のある音響が再現でき「好きな映画や音楽がもっと楽しくなる」と強調する。
 逆木さんは大学時代にオーディオの魅力に取りつかれ、スピーカーやAVアンプ、プロジェクターを手に入れ、楽しんできた。現在は専門誌「HiVi(ハイヴィ)」に記事を連載している。
 「ホームシアターをつくるハードルは決して高くない。アニメやゲームもより面白くなる。マリオカートなんか最高です」と言う。


関連ページ: 秋田 経済 新型コロナ

2020年05月06日水曜日


先頭に戻る