広域のニュース

大型連休 東北3新幹線の利用95%減

 JR東日本仙台支社は7日、大型連休期間(4月24日〜5月6日)の東北、山形、秋田の3新幹線の利用状況(速報)をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛により、調査した全6区間で前年同期から95%以上減少した。改元前後の10連休で過去最高を記録した2019年から一転し、1987年の同社発足以来、最低の利用実績となった。
 東北は那須塩原−郡山間が95.9%減の6万6000人、古川−北上間が95.5%減の3万5000人、盛岡−八戸間が95.1%減の1万8000人。山形は福島−米沢間が97.1%減の5000人、秋田は盛岡−田沢湖間が96.7%減の4000人だった。
 期間を通じて低調が続き、例年のようなピーク日はなかった。東北新幹線で利用が比較的多かった4月24日でも上下とも前年比95%以上の落ち込みとなった。
 仙台支社の担当者は「非常に厳しい数字が顕著に表れた」と説明。今後の減便の可能性については「状況を踏まえて現在検討している」と述べた。既に今月28日以降の新幹線指定席販売を見合わせている。


関連ページ: 広域 経済 新型コロナ

2020年05月08日金曜日


先頭に戻る