宮城のニュース

若い世代も家にいて みやぎ絆大使ら動画配信

佐藤さんが外出自粛を呼び掛ける動画の一場面

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、宮城県ゆかりの「みやぎ絆大使」や県内の「ユーチューバー」が、大型連休中の外出自粛をネット空間でPRした。活動範囲が広く、感染リスクが高いとされる若い世代をターゲットにした県の取り組み。
 県のホームページ(HP)では、絆大使でAKB48の佐藤朱さんの動画とメッセージを公開。「うつさない、うつらない、差別しない」と記した紙を手に「皆さんの大切な人と自分自身を守るために家にいましょう」と訴えた。
 県内在住のユーチューバー「ほーみーず」と「かっつー」も、動画投稿サイトユーチューブに投稿。村井嘉浩知事も出演し、「一人一人の行動が大切。外出を控え、危機を乗り越えましょう」とにこやかに呼び掛けた。
 県のHPでは佐藤さんに加え、いずれも絆大使で俳優の岩田華怜さんや山谷花純さんがメッセージを寄せた。県広報課は「影響力のある人に、不要不急の外出自粛を呼び掛けてもらうことで、さらなる感染拡大を防止できる」と期待する。


2020年05月11日月曜日


先頭に戻る