宮城のニュース

亘理・荒浜中、新年度初の臨時登校日 大漁旗が出迎え

登校する生徒を出迎える色鮮やかな大漁旗

 新型コロナウイルスの影響で休校措置が続く亘理町荒浜中(生徒60人)で11日、新年度初めての臨時登校日があり、約30旗の大漁旗が生徒を出迎えた。
 色鮮やかな大漁旗は、学校が地元漁師から借りて校舎に取り付けた。加藤仁教頭は「大漁旗を掲げることで沈滞したムードを振り払い、元気にスタートを切りたかった」と狙いを話す。
 2年寺崎大輝さん(13)は「久しぶりの学校なので少し緊張する。休校中は運動もしたが、家でゴロゴロして過ごすことが多かった」と述べた。
 この日は午前は2、3年生、午後は1年生が登校した。今月は週2回分散登校し、6月1日の本格再開を目指す。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月11日月曜日


先頭に戻る