宮城のニュース

仙台市、特設ページ一新 感染・検査状況をトップに掲載

内容を一新した感染症特設ページ。郡市長のメッセージ動画も掲載し、発信力を強化した

 仙台市は公式ホームページ(HP)に開設した「新型コロナウイルス感染症特設ページ」を一新した。市民の関心が高い最新の感染者数やPCR検査件数などをトップに載せ、経済支援策や生活関連情報を探しやすく再構成。「分かりづらい」との指摘や改善要望に応え、発信力を強化した。
 感染者数と検査件数は、当日と累計の数字をトップページに掲載し、大きく見せた。改善前、感染者の情報は患者ごとに状況を記した一覧表だけで「新たな感染者が確認されたのかどうか、判別しにくい」と不評だった。一覧表はトップページの「詳細情報」から閲覧できるように変更した。
 経済支援情報は国などの施策も網羅し、個人と事業者でページを分けた。事業者向けは補助金、融資、税金、雇用支援など目的別に整理し、支援メニューを探しやすくした。県と市が共同設置するコールセンターの電話番号も目立たせた。
 郡和子市長のメッセージ動画も制作し、トップページにアップした。市民に外出自粛の継続を呼び掛けるとともに「感染者を差別するような言動を慎み、連帯して感染症に立ち向かうことが重要だ」と強調した。
 市広報課の湯村剛課長は「HPの改善を求める市議や市民の声を踏まえ、必要な情報をつかまえやすく作り替えた。関心の高い特別定額給付金の情報も随時更新していく」とPRする。

■新型コロナウイルス感染症特設ページ(仙台市)
http://www.city.sendai.jp/kikikanri/kinkyu/corona2020/index.html


2020年05月12日火曜日


先頭に戻る