宮城のニュース

10万円給付申請書 仙台市25日から発送

 仙台市は12日、新型コロナウイルスの緊急経済対策として、国民1人当たり現金10万円を支給する特別定額給付金の申請書を25日から順次発送すると発表した。6月上旬までに対象となる約52万5000世帯に届ける。5月26日〜8月26日に郵送で申請を受け付け、6月上旬から順次、給付金を口座に振り込む。
 申請方法別の申請期間と支給開始は表の通り。マイナンバーカードによるオンライン申請は5月18日に受け付けを開始する。
 申請書は、オンライン申請した人を含め各世帯主に送られる。世帯の情報は印字されており、振込先となる口座の情報を記入し、本人確認書類、口座確認の書類と共に返信用封筒で送り返す。オンライン申請は専用サイトで手続きする。
 市は収入が大幅に減少し生活が困窮しているなど、一刻も早く給付金が必要な世帯の特例措置も設けた。
 市ホームページから申請書を印刷し、世帯や振込先口座の情報を手書きで書き加え、市市民生活課に郵送する。申請書は15日午後からダウンロード可能。記入漏れなどがあると、結果的に支給が遅れる場合がある。
 銀行口座を持たない人は事前に電話すれば例外的に窓口で給付する。路上生活者(ホームレス)らは、自治体に申し出れば受給が可能。ドメスティックバイオレンス(DV)被害者は、避難先の自治体に必要書類を提出すれば受給できる。
 寝たきりなどで申請、給付の手続きが難しい場合や介護施設などの入所者は、本人の署名か押印があれば、家族や施設職員が申請や受給を代理できる。
 市は給付金の問い合わせに応じる専用ダイヤル(コールセンター)を18日に開設する。受付時間は午前8時半〜午後7時(土日祝日は午後5時)。連絡先は022(302)6434。


2020年05月13日水曜日


先頭に戻る