宮城のニュース

「松島航空祭」中止か 来月、可否判断 ブルーインパルスの曲技飛行に代替案も

2019年8月にあった松島基地航空祭

 宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地で8月23日に開催予定の「松島基地航空祭2020」について、中止となる可能性が高いことが12日、同基地への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大防止が理由。
 6月上旬ごろまでに開催の可否を判断する。東日本大震災から10年目の節目となることから、中止の場合でも、基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の訓練飛行を含めた代替案を検討しているという。
 基地によると、例年規模での開催は宮城県内外から多くの航空ファンが訪れるため、困難な見通しだという。
 航空祭は東松島市最大のイベント。ブルーインパルスのアクロバット飛行のほか、F2戦闘機の展示、パイロットとの交流行事などがある。基地が震災の津波で被災したため中断、2017年に再開された。昨年は5万6000人が来場した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月13日水曜日


先頭に戻る