宮城のニュース

おうちで仙台すずめ踊り 笑顔と元気届ける

「コロナに負けない!」。横断幕を掲げた庭先で踊る「松島祭連(まづら)竹谷舞」のメンバー一家=宮城県松島町
「まつりが中止になったのは残念だけど、来年は今年の分まで思い切り踊りたい」と練習に励む家族

 仙台市中心部で16、17の両日に開催を予定していた「第36回仙台・青葉まつり」は、新型コロナウイルスの影響で中止となった。新緑の杜の都で披露するはずだったすずめ踊りの踊り手たちは、中止のストレスを自宅や会社で晴らしている。
 仙台・青葉まつり協賛会が4月末に始めた企画「おうちで仙台すずめ踊り」。すずめ踊りを舞う様子を動画で撮影し、会員制交流サイト(SNS)にアップしてもらう取り組みで、投稿は現在100件を超えた。
 「負けるな」とメッセージを掲げる人、ユニークな道具を使って演奏する人。「それ、それ、それそれそれそれー」。笑顔と元気を届けようと舞い踊る。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月15日金曜日


先頭に戻る