宮城のニュース

弔い方様変わり 葬儀社「3密」回避へ工夫

感染防止のため、葬儀の様子をウェブ配信している清月記の斎場=仙台市宮城野区東仙台1丁目

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、葬儀の形が様変わりしている。「3密」を避けるため家族葬が増えているほか、式場に入れない弔問客向けに葬儀の様子をウェブ配信したり、式前の焼香を案内したりといった工夫を重ねる。コロナ収束後に告別式などを催す「後葬」を提案する葬儀社もある。
 葬祭業の清月記(仙台市)によると、4月以降の葬儀は大半が家族葬だったという。参列できない人のために式場の前に焼香台を置き、通夜や告別式前の1〜2時間、故人に別れを告げる場を設けることが増えた。
 葬儀の様子をパソコンなどで見られるウェブ配信にも力を入れる。同社は、遠方で参列できない人向けに同様のサービスを提供していたが、同時に受信できるパソコンは6台程度に限られていた。5月からはウェブ用カメラを導入し動画投稿サイト「ユーチューブ」を活用。多くの人が参列者と同時に故人を悼むことが可能になった。
 これまでは、葬儀の前後に式場で生前の写真に思い出の曲を付けて流すオリジナル動画を上映していた。コロナ禍後は、参列者の多くが焼香しかできないため、会葬礼状にQRコードを印刷して、スマートフォンで動画を視聴できるサービスも開始した。
 通夜振る舞いなど会食もできなくなり、参列者には弁当を配っているという。同社の菅原啓太専務(32)は「大勢が集うことが難しい状況で、どうすれば故人を思う葬儀にできるか模索している」と話す。
 ごんきや(塩釜市)は、コロナ禍が収束した後に故人を改めて悼む「後葬」を提案している。時間的に余裕があるため、弔問客に招待状を送るなど故人や遺族の希望に沿った葬儀を目指し、代金の一部負担にも応じている。
 同社渉外部の津田貴志主任(48)は「後葬はコロナ禍の緊急的な対応にとどまらず、新しい葬儀の形としても提案している」と話す。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月18日月曜日


先頭に戻る