広域のニュース

静かな夏山開き 人影まばら 栗駒山

残雪を眺めながら栗駒山山頂を目指す登山客=17日午前10時ごろ

 宮城、岩手、秋田3県にまたがる栗駒山(1626メートル)の夏山開きが17日、栗原市栗駒の登山口いわかがみ平であった。同市などによると、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛などを受けて登山客は例年の2割ほどにとどまり、静かな山開きとなった。
 安全祈願祭は参加者や規模を縮小して営まれた。暖冬の影響で残雪は例年より少なめ。観光客のグループが登山道に列を成す光景は見られず、雲に覆われた山頂も人影がまばらだった。
 友人家族ら6人のグループで訪れた栗原市栗駒小5年の南洸輔君(11)は「自粛によって自宅で過ごす時間が長く、友達と外出するのは久しぶり。栗駒山には毎年に何度も登っている。とても気持ち良かった」と話した。


関連ページ: 広域 文化・暮らし

2020年05月18日月曜日


先頭に戻る