宮城のニュース

10万円給付申請 オンライン開始 仙台市

仙台市役所

 仙台市は18日、新型コロナウイルスの緊急経済対策で、国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」のうち、マイナンバーカードを使うオンライン申請の受け付けを始めた。
 申請は専用サイト「マイナポータル」で手続きする。市によると、初日は午後4時半までに約6000件の申請があった。給付金は5月下旬から順次、指定した口座に振り込まれる。
 市内の各区役所はマイナンバーカードの交付などで連日混雑する。市市民生活課の三井悦弘課長は「いまカードの交付を申請しても、手元に届くまで1〜3カ月はかかる。郵送される給付金の申請書で申し込んでほしい」と呼び掛ける。
 申請書は25日から順次、市内の52万1000世帯に発送し、6月上旬から口座への振り込みを始める。
 市は18日、給付金の問い合わせに応じる専用ダイヤル(コールセンター)も開設した。受付時間は午前8時半〜午後7時(土日祝日は午後5時)。連絡先は022(302)6434。


2020年05月19日火曜日


先頭に戻る