宮城のニュース

八木山動物公園、1ヵ月ぶり再開

約1カ月ぶりに再開した八木山動物公園。雨の影響で訪れる人も少なく、フラミンゴが静かに羽を休めていた=19日午前11時ごろ、仙台市太白区

 宮城県内は19日、低気圧の影響で未明から雨となり、沿岸部で大雨を観測した地域もあった。仙台管区気象台は土砂災害や河川の増水への注意を呼び掛けた。
 気象台によると、同日午前11時までの24時間降水量は女川町江ノ島で112ミリを記録し、5月の観測史上最大となった。石巻市雄勝113.5ミリ、南三陸町志津川56ミリ、仙台43.5ミリなどと沿岸部を中心に大雨となった。
 午前11時までの最高気温は仙台で13.8度で、4月上旬並みだった。
 仙台市太白区の八木山動物公園は同日、約1カ月ぶりに再開された。大雨で来園者はまばらだったが、動物たちは伸び伸びした姿を見せた。当面は平日のみ開園し、屋内の展示施設は休止を継続する。金集隆幸園長(54)は「安全への配慮を第一にしながら、間近で見る動物の躍動感やにおいを感じてほしい」と話した。
 市内では震災遺構の荒浜小、せんだい3.11メモリアル交流館(ともに若林区)など19施設も利用を再開した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年05月19日火曜日


先頭に戻る