宮城のニュース

仙台市の小中学校、夏休みは11日間 授業時数確保で短縮

 郡和子仙台市長は19日の定例記者会見で、6月1日に再開する仙台市立小中学校の夏休みについて、お盆期間を含む8月8〜18日の11日間に短縮すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校の長期化で不足する授業時数を確保する。

 7月は21、22日、27〜31日の7日間、8月は20、21、24日の3日間を授業日にする。8月3〜7日と19日は履修状況を踏まえ、各学校が授業日にするか休業日にするかを判断する。
 仙台青陵中等教育学校(青葉区)、高校4校、鶴谷特別支援学校(宮城野区)、あきう幼稚園(太白区)の夏休みは今後、日程を決める。
 各学校の判断で土曜も授業日にできる。秋休みと冬休みの短縮も検討中で、授業の進み具合などを見極めて日程を発表する。
 延期していた小中高校の入学式は、小学校と中等教育学校が6月1日、中学校が2日にそれぞれ実施する。高校は1、2日のいずれかに行う。
 新型コロナ感染防止のため、出席者は保護者1、2人、在校生は代表のみとし、来賓は招待しない。祝辞を取りやめ式典の時間を短縮するなど、各学校が開催方法を工夫する。
 始業式は1日に実施する。給食は安全な配膳方法を確認するため、3〜5日はパンと牛乳のみの簡易給食とし、8日以降に完全給食に戻す。部活動は「3密」を避けつつ、段階的に活動時間や内容を増やす。
 夏休みの授業に不可欠なエアコン設置は、中学校は全64校で6月末までに完了するが、小学校は全119校のうち46校にとどまる見込み。郡市長は「工期短縮を施工業者にお願いしている。設置が間に合わなかったとしても、児童が少しでも涼しく過ごせるように対応したい」と説明した。


2020年05月20日水曜日


先頭に戻る