宮城のニュース

宮城県議会は横断幕の製作費負担

県議会棟に掲げられた横断幕

 宮城県議会は20日、県議会棟の外壁に、新型コロナウイルスの感染防止策の徹底を訴える横断幕を掲げた。約40万円の製作費は全59議員で負担した。
 屋上付近に設置された横断幕は縦1.8メートル、横20メートル。「心ひとつに コロナ感染症に打ち克(か)とう」と呼び掛けた。正副議長が8000円、議員が6800円をそれぞれ支払った。
 


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年05月21日木曜日


先頭に戻る