宮城のニュース

マスク生産へ設備導入開始 アイリスオーヤマ

角田工場に運ばれたマスク生産設備の一部

 アイリスオーヤマは20日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応したマスクの国内生産に向けて、角田工場(角田市)への製造設備の導入を開始した。6月に順次稼働し、7月には月1億5000万枚の生産体制を整える。
 初日はマスクの裁断や加工を行う中国製の機械の一部が、物流倉庫内に設けた生産用スペースに搬入された。原材料の不織布を製造する設備を含め、最終的に約7100平方メートルに40の生産ラインを設ける計画。新たに100人を雇用する。
 大山晃弘社長は「品質に疑問のあるマスクが出回り始めている。国産のマスクを安心して使っていただきたい。原材料からの一貫生産により、今後の価格競争でも勝ち残れると確信している」と力を込めた。
 アイリスは国内外のマスク需要を見込み、政府の補助金を活用した計約30億円の投資を決めた。中国の2工場での生産分と合わせ、月2億3000万枚の国内への供給が可能になる見通し。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年05月21日木曜日


先頭に戻る