広域のニュース

プロ棋士・一力遼の巣ごもり生活 ネットで練習対局、解説も

自宅でネット対局をしている様子です
パソコン上では碁盤はこのような感じで表示されています
日本棋院の公式ホームページにも対局中止・延期のお知らせが
動画で「囲碁を打とう!」とメッセージを送る一力遼

 新型コロナウイルスによりスポーツや芸術・文化イベントの中止や延期が相次いでいますが、囲碁の世界も大きな影響を受けています。4月初旬から対局が延期になっており、私、一力遼らプロ棋士も外出自粛いわゆる「巣ごもり」生活が続いています。そんな囲碁界の現在を、私の目を通しお伝えしたいと思います。
(棋士八段、河北新報東京支社編集部記者)

■4月8日から対局延期

 日本棋院(東京)と関西棋院(大阪)が対局の延期を発表したのは4月7日でした。翌日から、棋士は自宅で研鑽(けんさん)を積む日々が続いています。
そのような状況下においては、ネットを通じたオンライン対戦が主な勉強法となっています。私の場合は、月曜と木曜は井山裕太棋聖や芝野虎丸名人ら10人ほどが参加するリーグ戦を行い、水曜と土曜は世界戦での成績向上を目指す「ナショナルチーム」に所属するメンバーでの研究会を行っています。従来はどちらも日本棋院で開催していましたが、巣ごもり生活が始まってからはネット上で行われるようになりました。
 公式戦に関しては、3月末に第2局まで打たれていた十段戦五番勝負や、5月中旬に開幕予定だった本因坊戦七番勝負は、6月以降に延期となりました。私も4月には碁聖戦本戦や名人戦リーグ、棋聖戦Sリーグなどの対局が予定されていましたが、これらの国内棋戦の再開はすべて6月以降となっています。
また、棋士は手合を打つだけではなく、タイトル戦の解説や公開対局などのイベントに参加する仕事があります。しかし、これらの多くが日本棋院や全国各地のホテルなどで催されるため、「3密」を避けるために現在は中止や延期となっています。
 このような状況を経験するのは初めてですが、囲碁の場合はネット上でできることが多く、現在の生活にはそれほど不自由は感じていません。他の棋士の方々も、同様に考えている人が多いのではないでしょうか。ネット環境が整っていれば練習対局ができるのはもちろん、現在では個人のパソコンでAIを用いた研究ができるので、勉強方法に困ることはありません。さらに、解説等の仕事をテレビ会議用アプリ「Zoom(ズーム)」で行う機会がありましたが、従来の碁盤を挟んで対面で解説する形式と比較しても不便さは感じなかったので、このようなスタイルは緊急事態宣言が解消された後も取り入れられるようになるかもしれません。

■SNSで魅力を発信する棋士も
 
 日本棋院が対局延期を決めたのは、4月7日に政府が緊急事態を宣言した直後でした。対面での対局は「3密」になりやすく、また、棋士の所属は東京本院と中部総本部(名古屋)、関西総本部(大阪)に分かれているため、対局を実施するには移動のリスクもあります。これらの事情があるため、延期はやむを得ない判断だったでしょう。
 それに先立ち、東京本院は3月2日から休館となっています。アマチュアの方向けの囲碁教室や売店などはこの時から休みが続いています。いつもご利用されている方もステイホームが続いている状況だと思いますが、直接対局ができないときにお薦めなのが、日本棋院のネット対局「幽玄の間」です。段、級が細かく分かれているため、初心者から高段者まで、幅広い棋力の方に対局を楽しんでいただけます。また、普段は棋士の手合を中継していますが、手合がない現在では、棋士は先述のような研究会を開催しており、その対局をリアルタイムで観戦することができます。さらに、棋士の指導対局を受けることもできます。
https://u-gen.nihonkiin.or.jp
 巣ごもり生活が始まってから、棋士がイベントを企画してネット上で開催することも増えてきました。また、YouTubeにアマチュアの方向けの動画を公開したり、TwitterなどのSNSを活用したりする棋士も多くなっています。このような時期だからこそ、みなさんにはネットを活用して囲碁の魅力に触れてもらえればうれしいです。

■国際戦はネット対局が増加か

 プロ棋士は海外での対局もあるので、日本国内はもちろん世界各国の新型コロナ収束を願うばかりです。3月に中国・南京で行われる予定だった「夢百合杯世界オープン戦」準々決勝、中国の棋士との対局は、この状況を考慮してネット対局となりました。世界戦の本戦がネット上で行われたのは、これが初めてでした。AIによる不正を防ぐため、それぞれが日本棋院、中国棋院に行き、監視する人をつけて対局が行われました。対局が始まるまでは慣れないことが多く戸惑いましたが、ネットでの対局自体は慣れているので、始まってからは普段の対局とあまり変わらない印象を受けました。
 6月には韓国主催の国際戦がネットで行われることになりました。今までは中国や韓国に行って対局するのが当たり前でしたが、長距離移動を避けるため、今後は国際棋戦ではネット対局がさらに増えていくことが予想されます。国内棋戦に関しては、すでに一部の若手棋戦の予選などではネット対局が採用されていますが、普段の手合は一度に対局する人数が多く、対局の頻度も高いため、AIを使う不正行為への対策を講じるのが難しい面があります。また、棋聖戦、名人戦、本因坊戦の挑戦手合は1局を2日間かけて行うため、2日制を維持するならネット対局は現実的ではないでしょう。そのため、ネット対局を広く導入するのはハードルが高いかもしれません。

◎対面対局の緊張感が恋しい
 みなさんも日々の暮らしや仕事、趣味などで厳しい思いをされていると思います。棋士においても、収入源は手合の対局料やアマチュアの方への指導料がメインなので、新型コロナによる影響は大きいです。ただ、囲碁の世界に限らず、ICTの活用が進むことで従来の仕事やビジネスモデルが大きく変わり、新型コロナが収束した後には働き方や社会のあり方が一新される可能性があります。今は大変な時期ですが、新しい社会の実現に向けた移行期間ととらえ、気持ちを前向きに保つことが大切になるでしょう。
 新型コロナが収束し、今までの活動が再開できる日を心待ちにしている方が多いと思います。私も一棋士として、手合がある日常に戻ってほしいという思いを抱いています。今の状況は囲碁の勉強という観点ならあまり不便はないですが、手合がないと生活にメリハリが生まれず、2カ月ほど対面で対局する機会がなかったことで改めてその存在の大きさを感じました。再開後は良い結果が残せるよう努力してまいりますので、今後も応援よろしくお願いします。

日本棋院が5月12日に公開した棋士のメッセージ動画「囲碁を打とう!」https://youtu.be/l9spLAfG1vI
一力遼のメッセージは14分30秒ごろから


2020年05月25日月曜日


先頭に戻る