宮城のニュース

宮城県、3000人に抗体検査の通知スタート 6月から8市町で実施

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県は25日、新型コロナウイルス感染後にできる抗体を保有する人の割合を把握する調査について、協力依頼通知の郵送を始めた。仙台、石巻、気仙沼、名取、登米、栗原、大崎と柴田の7市1町から県人口や男女比、年齢比に応じて無作為抽出した3000人が対象。
 通知が届き、協力の意思がある人は29日までに電話で申し込む。検査期間は6月1〜7日。8市町の各会場で10ミリリットル採血する。費用は無料だが、会場までの交通費などは自己負担。結果は早ければ6月中に本人に伝える。
 県には「検査キットが当たった」という不審電話の相談が寄せられており、注意を呼び掛けている。


2020年05月26日火曜日


先頭に戻る