広域のニュース

雇用調整助成金の相談などZOOMでOK 七十七銀が中小支援を強化

コンサルタント会社の社員(画面)がウェブ会議システムを通じて相談に対応する

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、七十七銀行はウェブ会議システムを使って雇用調整助成金の申請要件確認などに対応する「助成金オンライン相談」を実施している。多くの客から「手続きが複雑で困っている」との声が寄せられ、支援の態勢を強化した。
 中小企業や小規模事業者が対象で、ものづくり補助金やテレワーク導入に活用できる補助金などの相談も可能。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」などを使って、連携する大阪府の企業コンサルタント会社の社員が対応する。
 1回1時間程度で、通信料を除いて相談料は無料。希望があれば、相談後にコンサル会社と有料サービスを契約することもできる。
 期間は6月30日まで(平日のみ)の予定だが、状況次第で延長を検討する。七十七銀の各支店や同行のホームページで受け付ける。
 同行地域開発課の担当者は「細かい相談を銀行にしていいのか迷っている客もいる。雇用調整助成金も資金繰りには重要になるので、ぜひ活用してほしい」と呼び掛けている。


関連ページ: 広域 経済 新型コロナ

2020年05月26日火曜日


先頭に戻る