山形のニュース

1万円札入れた酒「飲めよ」 警部補ら強要容疑 山形県警、3人を書類送検 

 山形県警は27日、紙幣入りの酒を飲むよう20代の男性警察官に強要するなどしたとして、同じ警察署に勤務するいずれも30代の男性巡査部長、男性警部補2人を強要や暴行の疑いで書類送検した。県警は同日、巡査部長らを停職1カ月などの懲戒処分とした。被害に遭ったのは3人で巡査部長らと同じ署に所属していた。
 県警によると、巡査部長は2月中旬、県内の飲食店であった懇親会の2次会で、同席した警部補と共に警察官2人に服を脱ぐよう指示し、背中を平手で数回打った。うち1人に対し、1万円札などを焼酎のグラスに入れて飲むよう強要した。2月下旬には巡査部長と警部補2人が、県内の飲食店駐車場などで警察官2人の顔面を平手で複数回たたいた。
 3月上旬ごろ県警に匿名の投書があって判明した。巡査部長は「場を盛り上げるためにやった」、警部補2人は「仕事の不満を説教していた」と話しているという。県警は、加害者と被害者の関係の詳細、所属する警察署名などをいずれも明らかにしなかった。


関連ページ: 山形 社会

2020年05月28日木曜日


先頭に戻る