宮城のニュース

青空広がり気温ぐんぐん 宮城県内各地、7月上旬並み

まぶしい日差しが降り注いだ仙台の中心街。日傘を差して歩く人の姿も見られた=29日午前10時35分ごろ、仙台市青葉区中央

 宮城県内は29日、高気圧に覆われて青空が広がり、朝から気温が上昇した。仙台管区気象台によると、仙台の正午までの最高気温は24.8度で、県内各地で7月上旬から中旬並みとなった。
 正午までの最高気温は、丸森25.5度、栗原市築館25.1度、石巻24.3度などで、各地で平年を3〜5度近く上回った。
 仙台市中心部では、ビルの谷間にまぶしい日差しが降り注ぎ、日傘を差しながら歩く人々が見られた。
 気象台によると、県内は30日も高気圧に覆われ、気温が高い状態が続く見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2020年05月29日金曜日


先頭に戻る