宮城のニュース

初夏の味覚ソラマメの収穫始まる 宮城・村田

収穫したソラマメの房を籠に入れる大沼さん

 宮城県村田町で初夏の味覚ソラマメの収穫期を迎えている。作業は6月中旬まで続き、町全体で計約70トンが収穫される見込み。
 農業大沼政彦さん(68)方では約20アールある畑で栽培。順調に生育したソラマメの房を一つ一つもぎ取って、籠の中に入れていた。大沼さんは「品質が良くて満足している。多くの人に味わってほしい」と話した。
 収穫されたソラマメは、同町の道の駅村田で販売される。道の駅では6月5日にゆうパックの出発式があり、全国にも届けられる。


関連ページ: 宮城 社会

2020年05月29日金曜日


先頭に戻る