宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! カレーショップ桜蔵 メガチキンカレー 仕込みに3日 奥深いルウ

骨付き鶏もも肉入りで、食べ応えあるメガチキンカレー

 辛口でもほんのり甘く、食べやすい。丸々1本が入った骨付き鶏もも肉は、ほぐれるように軟らかい。
 社会福祉法人「わらしべ舎」が運営する障害者就労支援施設「カレーショップ桜蔵( さくら )」(仙台市太白区)の看板商品「メガチキンカレー」だ。甘口、中辛、辛口があり、650円。
 決め手は仕込みに3日間かけたルウ。初日に香味野菜と牛すじ、鶏がらを煮込んでブイヨンを、2日目にトマトペーストを作り、3日目に20種以上のスパイスとブレンドして完成だ。
 ショップ責任者の桜井秀太さん(38)は「酸味も甘味もある奥深い味。子どもも高齢者もおいしく食べることができます」と話す。
 店は太白区西多賀の国道286号沿いにある。障害者13人が調理に参加。火を使う仕上げは職員が作業するが、タマネギのみじん切り、スパイスの配合など工程の大半を障害者が担う。
 18年前の開店の際、障害者への理解を願い、親しみやすいカレーを選んだ。食材とともに、思いの詰まった一皿だ。
(会田正宣)

[メモ]営業は午前11時〜午後3時半(土日曜は午後5時まで)。定休は月曜と祝日。大根やキャベツを溶け込ませた野菜カレー(500円)や、牛すじカレー(800円)も人気。仙台市太白区西多賀3の1の25。連絡先は022(243)2811。


2020年05月30日土曜日


先頭に戻る