秋田のニュース

秋田犬マスクが人気 秋田・大館の保存会が販売

秋田犬保存会の手作り布マスク

 秋田犬保存会(秋田県大館市)は、秋田犬の顔入りの手作り布マスクを販売している。新型コロナウイルス感染症予防に一役買いながら、秋田犬の知名度アップを目指す。
 マスクは縦13センチ、幅20センチで、1枚400円。ベージュや赤のチェック柄など4種類を用意し、ワンポイントとして赤毛、白毛、虎(黒)毛の3匹の秋田犬を縫い付けた。
 4月中旬から職員6人が独学で作った。当初は約100枚の販売を想定したが、5月7日にツイッターで宣伝したところ、全国から注文が殺到。約500枚の注文があるという。
 職員の桜庭克子さん(53)=大館市=は「自宅にマスクがなくて困っている人の力になりたかった。秋田犬を知り、発祥地の大館に足を運ぶきっかけになってほしい」と期待する。
 電話やメール、ファクスで受け付ける。連絡先は秋田犬保存会0186(42)2502。


関連ページ: 秋田 社会 新型コロナ

2020年05月30日土曜日


先頭に戻る