宮城のニュース

政宗公、医療従事者に感謝の輝き 仙台城跡・騎馬像ライトアップ

医療従事者への感謝を込め青くライトアップされた伊達政宗騎馬像

 新型コロナウイルス感染症に対処する医療従事者に感謝の気持ちを示そうと、仙台市は青葉区川内の仙台城跡で、伊達政宗騎馬像と本丸北壁の石垣を青色の電球で照らす「ブルーライトアップ」を実施している。
 騎馬像は2基の発光ダイオード(LED)の投光器で闇に浮かび上がり、仙台の街を見守っている。携帯電話で撮影していた青葉区の会社員中島悠介さん(25)は「実際に会って感謝するわけにもいかない。自分たちの気持ちを少しでも伝えられたらいい」と話していた。
 点灯は午後11時まで。当分の間続ける。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年05月31日日曜日


先頭に戻る