岩手のニュース

久しぶり 三陸の潮風 宮古・浄土ヶ浜で観光船再開

運航を再開した浄土ケ浜の観光船

 新型コロナウイルスの影響で先月24日から運休していた岩手県宮古市浄土ケ浜の観光船が30日、運航を再開した。5便に計127人が乗船し、三陸の自然美を楽しんだ。
 午前9時半発の便には観光客15人が乗り込んだ。岩手県紫波町から訪れた公務員伊藤篤司さん(37)は「久しぶりに乗った。少しずつ日常に近づいていけたらいい」と笑顔を浮かべた。
 新型コロナの感染拡大を防ぐため、観光船は6月末まで毎週金〜日曜に運航を限定し、定員を4分の1の100人程度に減らす。7月中旬からの通常運航を見込んでいる。
 観光船を運航する岩手県北自動車遊覧船事業部の八重樫真部長は「やっと第一歩を踏み出せたという思い。安全運航に新型コロナ対策の安心を加えて観光客を迎えたい」と話した。


関連ページ: 岩手 経済 新型コロナ

2020年05月31日日曜日


先頭に戻る