秋田のニュース

秋田市の10万円申請書に不備 押印場所示さず、苦情200件

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として全国民に一律10万円を配る特別定額給付金を巡り、秋田市が各世帯に発送した申請書にミスがあったことが30日、分かった。「押印してください」と明記したにもかかわらず、押印場所を示す「印」の記載がなかった。市は、押印がなくても自筆の署名があれば給付金を受け取れるとしている。
 市は28〜30日、市内約14万世帯に申請書を送った。市民から「押印場所が分からない」などの指摘があり、判明した。問い合わせや苦情は約200件に上る。
 市は1日からオンライン申請も受け付けていたが、入力内容に不備が多く、29日で終了。30日以降は郵送のみの受け付けとした。


関連ページ: 秋田 社会

2020年05月31日日曜日


先頭に戻る