宮城のニュース

好天、人出どっと 仙台港中央公園に若者、家族連れら

釣りを楽しむ行楽客=31日午後1時35分ごろ、仙台市宮城野区の仙台港中央公園

 仙台市宮城野区にある仙台港中央公園では31日、好天もあって釣り糸を垂れる行楽客の姿が多く見られた。公園の管理事務所によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って人出が落ちたが、5月14日に宮城など39県で緊急事態宣言が解除されてから増えたという。
 この日、仙台では最高気温25.1度を記録。半袖姿の若者や家族連れなど約130人が、互いに間隔を空けながら当たりを待った。小学生の息子らと訪れた青葉区の主婦(39)は「親子でいい気晴らしになった」と小型のアイナメを釣り上げて喜んでいた。
 併設の野球場やテニス場も再開しており、土日は予約がいっぱい。管理事務所は感染防止のため、放送やチラシなどで「3密」を避けるよう周知に努めているという。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年06月01日月曜日


先頭に戻る