宮城のニュース

<ベガルタ>2カ月ぶり全体練習 シマオマテら実戦形式で汗

パス回しで汗を流すシマオマテ

 J1仙台は1日、新型コロナウイルスの影響で4月上旬から休止していた全体練習を仙台市泉サッカー場で再開した。
 報道陣のみに公開。DFシマオマテらが約2時間、インターバル走やサイド攻撃からのシュート練習などで汗を流した。ピッチを半分に狭めて11対11の実戦練習も行った。共に「4−3−3」の布陣で相対した選手たちは激しく競り合いながらゴールを狙った。
 終了後、木山監督がオンライン取材に応じ「実戦練習はみんな楽しそうに、意欲あるプレーをしてくれた。ブランクはあるので、もう少し時間を掛けて戻さないといけない」と振り返った。GKスウォビィクやDFパラら離脱選手の状況については「パラは足の調子が良くない。クバ(スウォビィク)はもう少し時間が掛かると思う」と語った。
 感染拡大で中断したリーグ戦は7月4日の再開が決まった。木山監督は「本当に良かった。再開までに全て完璧にするのではなく、試合をこなしながらチームとして成長していきたい」と意欲を述べた。


2020年06月02日火曜日


先頭に戻る