宮城のニュース

マイナビ仙台が全体練習再開 2カ月ぶり、ホームに笑顔

約2カ月ぶりの全体練習で生き生きとした表情でボールを扱う池尻茉(右)

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは2日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で約2カ月間休止していた全体練習を、仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で再開した。
 女子日本代表「なでしこジャパン」のFW池尻茉らが約1時間半、フィジカル面の強化を目的としたペース走を中心に行い、ボール回しや5対5のミニゲームにも取り組んだ。久々に会った選手たちは笑顔も見せながら、楽しそうにメニューをこなした。
 終了後、オンラインで取材に応じた辛島監督は「自主練習である程度、体ができていると想定して練習メニューを組んだ。100%満足とは言えない」としながらも「思った通り、けがなくやれたので初日としては良かった」と手応えを語った。
 リーグ開幕に向けては「フィジカル面を含めチームで(良い状態へ)持っていく。焦ってけが人が出ないようにしたいが、夏の連戦を乗り越えるにはゆっくりもできない」と気を引き締めた。


2020年06月03日水曜日


先頭に戻る