宮城のニュース

メルパルク仙台郵便局の元局長 印紙横領容疑で書類送検

 メルパルク仙台郵便局(仙台市宮城野区)で、元局長が収入印紙を盗んだとされる事件で、仙台東署は3日、業務上横領の疑いで、仙台市青葉区、同局元局長の男性派遣社員(50)を書類送検した。
 送検容疑は昨年11月上旬ごろ、同局で、販売用として保管していた2万円の収入印紙10枚を取り出し、同月3、8日に青葉区の買い取り業者に計18万9000円で売り、横領した疑い。同署によると、容疑者は「借金返済や生活費に使った」と容疑を認めている。
 男性は全額弁済し、昨年12月に懲戒解雇された。


関連ページ: 宮城 社会

2020年06月04日木曜日


先頭に戻る