宮城のニュース

<楽天>打線つながり大勝 DeNAと練習試合

3回無失点と好投した東北楽天先発の涌井(藤井かをり撮影)

 プロ野球は3日、首都圏と関西で無観客の練習試合が行われた。5試合があり、東京ドームで予定されていた巨人−西武は巨人の坂本(青森・光星学院高出)、大城にPCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、急きょ中止となった。
 東北楽天は横浜スタジアムでDeNAと対戦し、7−1で勝った。先発涌井が3回無安打無失点と好投。四回以降は酒居、高梨、寺岡の継投で反撃を1点にしのいだ。
 打線は序盤につながった。一回、島内の右越え2ランで先制。二回も島内の2点二塁打などで4点を加えた。四回は茂木の左犠飛で7点目を挙げた。
 東北楽天は4日も午後1時から同球場でDeNAとの練習試合に臨む予定。
 阪神はボーアの2試合連続本塁打や球界最年長の43歳・福留のソロなどで広島に10−3と圧勝。中日はヤクルトを5−3で破り、ロッテと日本ハムは2試合続けて5−5で引き分けた。ソフトバンクはオリックスを10−5で下した。


2020年06月04日木曜日


先頭に戻る