岩手のニュース

岩手・住田で「唐揚げ大作戦」スタート ミッションはおいしく食べること、成功報酬もあるかも

ありす畜産直売所が販売するブランド豚「ありすぽーく」の唐揚げ
住田町観光協会が作成した「住田からあげ大作戦」のチラシ

 岩手県の住田町観光協会は「住田からあげ大作戦」と銘打ち、地元の鶏肉と豚肉をPRするキャンペーンを始めた。スパイアクション映画「ミッション・インポッシブル」にヒントを得て、遊び心に富んだ作戦を展開している。
 「ミッション」はもちろん、町内の飲食店を巡っておいしい唐揚げを食べること。協会の担当者は「店探しは『インポッシブル』(不可能)ではない。共通ののぼりを目印に見つけて」と、多くの「スパイ」の潜入を呼び掛ける。
 地元の銘柄鶏「みちのく清流味わいどり」やブランド豚「ありすぽーく」のPRが狙いで、町内の飲食店や居酒屋、スーパーなど10店が参加。通常の唐揚げだけでなく、スパイスを効かせたり特製ソースをかけたりするメニューもある。
 「ありす畜産直売所」は豚肉の細切れをボール状に丸めて油で揚げる「ありすぽーくころころトンから」(6個入り260円)を発売。同店の金野博さん(55)は「リンゴやタマネギを使った独自のたれに一晩漬け込んでから調理している。豚肉のうま味を楽しんでほしい」と説明した。
 大作戦は7月末まで。各店で購入するとアンケート用紙がもらえ、回答すると抽選で10人に同町の特産品セットが「報酬」としてもらえる。連絡先は同協会0192(46)2111。


関連ページ: 岩手 社会

2020年06月04日木曜日


先頭に戻る