宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! 焼肉吉田屋(焼き肉、洋食) オムカレーライス 1番人気は「裏メニュー」

タマネギを長時間炒めたこだわりのカレーがかかるオムカレーライス

 焼き肉店なのに洋食料理が看板メニュー。多賀城市の「焼肉 吉田屋」は創業60年の老舗焼き肉店だが、テークアウトの1番人気はまさかの「オムカレーライス」(900円)。
 オムライスの中にはケチャップで味付けした甘めのチキンライス。上にはタマネギを7時間炒めて奥深い味に仕上げたカレーがかかる豪華な一品。「誰もが好きなオムライスとカレーを合わせてうまくないわけがない」と語るのは店長の吉田丁一さん(65)。
 実は、吉田さんは仙台市で洋食店を経営していた元コック。両親が開いた吉田屋を20年前に継ぎ、洋食店を閉じた。しかし、常連客たちが「吉田さんの洋食が食べたい」と多賀城まで足を運んでリクエスト。カルビやホルモンと並んで、洋食がメニューに載る珍しい焼き肉店になった。
 オムカレーライスは普段は裏メニューの持ち帰り限定品。吉田さんは「持ち帰りで洋食が気に入ったら、次はお店に来て本業の焼き肉も食べてみて」と話す。(石川遥一朗)

[メモ]テークアウトの営業は午前11時〜午後2時と午後5〜7時。通常の店内営業は午後5〜11時。定休日は月曜日。中落ちカルビ弁当(1200円)やドライカレー(750円)もお薦め。多賀城市八幡2の5の10。4台分の駐車場がある。連絡先は022(362)1920。


2020年06月05日金曜日


先頭に戻る