宮城のニュース

<楽天>DeNAにサヨナラ勝ち 練習試合

4回、右中間ソロを放つ浅村(佐藤琢磨撮影)

 プロ野球は4日、各地で練習試合を無観客で行い、横浜スタジアムでは特別ルールで後攻として戦った東北楽天がDeNAに8−7でサヨナラ勝ちした。
 7−7の九回1死一、二塁で、内田が中前へ決勝打を放った。打線はこの日も活発で、一回に島内が先制の適時二塁打。1−6の三回は辰己の2点二塁打、茂木の右越え2ランなどで一挙5点を挙げた。
 先発辛島は3回6安打6失点と乱調だった。2番手津留崎、4番手安楽がともに2回無失点とアピールした。
 阪神がボーアの3試合連続本塁打などで広島に6−0で快勝。ロッテは福田秀がソロを放つなど9−3で日本ハムを破った。ヤクルトと中日は2−2で、オリックスとソフトバンクは3−3で引き分けた。
 新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となった2選手が所属する巨人は当初から休養日の予定で、西武とともに試合がなかった。

DeNA015001000−7
東北楽天105100001x−8

(D)坂本、笠井、中川、三嶋、パットン、エスコバー、山崎−嶺井、戸柱
(東)辛島、津留崎、滝中、安楽−山下、太田
(本)ロペス、宮崎(D)茂木、浅村(東)


2020年06月05日金曜日


先頭に戻る