宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! もろやファームキッチン(農家レストラン) ひじきのおこわ弁当 野菜ふんだん健康後押し

新鮮な旬の野菜をふんだんに使い、彩り豊かに仕上げた弁当

 赤、緑、白、紫。弁当にぎっしり詰まった色とりどりの野菜はどれも「もろやファームキッチン」(仙台市若林区)の自家製。店の近くにある約2ヘクタールの畑で、朝に取れたばかりの新鮮な農作物を使っている。
 店主の萱場市子さん(71)は農家の9代目。年間約150種を減農薬で栽培し、食を通して地場の味を伝えている。
 今が旬の新タマネギは相性抜群のチーズを挟んでフライにし、シャキシャキの食感に仕上げた。素材の甘さが引き立ち、大人も子どもも楽しめる。
 おかず約10品とひじきのおこわが付いて800円。ご飯が白米の場合は500円。他にレタスやトマトを使ったタコライス(500円)も好評だという。
 レストランのメニューを基に、萱場さんと家族が弁当用に調理する。素材から愛情込めて作られた本物の手作り弁当を提供する。
 萱場さんは「旬の味は心に残る。野菜で免疫力を上げ、皆さんが健康でいられることを願いながら作っている」と話す。
(佐々木薫子)

[メモ] 午前11時から数量限定で販売する。月曜と第1、3、5日曜は定休。おかずが12品の弁当は1000円、15品は1500円で、ともに前日午前までに予約が必要。レストランは2日に営業を再開した。仙台市若林区荒井6の12の2。連絡先は022(288)6476。


関連ページ: 宮城 社会

2020年06月06日土曜日


先頭に戻る