宮城のニュース

<楽天>ロッテとの練習試合 2−6で逆転負け

ロッテ戦に先発し3回1失点の東北楽天則本昂(佐藤琢磨撮影)

 プロ野球は5日、各地で無観客の練習試合を行った。東北楽天はZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦し、2−6で敗れた。
 先発則本昂は3回を1失点でまとめ、2年ぶりの開幕投手が決定した。則本昂は「自分のやれることをやるだけ。チームが勝てるように頑張る」とコメントした。2−1の五回に登板した3番手牧田は西巻(仙台育英高出)に逆転2ランを許した。その後も宋家豪、ブセニッツが本塁打を浴び計3失点した。
 打線は二回、辰己の中犠飛で先制。1−1の四回は内田が一時勝ち越しとなる右越えソロを放った。
 巨人は九回に陽岱鋼の適時二塁打などで追い付き、ヤクルトと2−2で引き分けた。西武は山川(富士大出)の2ランなどで中日に8−5で逆転勝ちした。DeNAと日本ハムは4−4で引き分けた。ソフトバンクは阪神に7−4で勝った。オリックスは5−0で広島を下した。

東北楽天010100000−2
ロッテ 010020201−6

(東)則本昂、青山、牧田、森原、宋家豪、シャギワ、ブセニッツ−太田、足立
(ロ)小島、古谷、田中、東妻、小野−江村、佐藤
(本)内田(東)佐藤2、西巻、岡(ロ)


2020年06月06日土曜日


先頭に戻る