秋田のニュース

わらび座きょう公演再開 「演劇の灯」再び 秋田・仙北

「空!空!!空!!! 」の通し稽古=5日、秋田県仙北市のあきた芸術村

 秋田県仙北市の劇団わらび座は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で休演していたミュージカル公演を3カ月ぶりに再開する。同市のあきた芸術村わらび劇場で「空!空!!空!!!」を初演する。感染対策として月内の公演は土日のみとし、入場者も100人に制限する。
 秋田県内で3月6日に感染者が2人確認され、わらび座は翌7日から全ての公演を中止した。運営に充てる支援金を全国に募り、4月末までに1億307万円を集めた。一方で俳優やスタッフは休業中、仙北、大仙両市の農家でボランティアで田植えや種まきなどの作業を手伝ってきた。
 新作ミュージカルの「空−」は秋田県三種町で生まれ、鶴岡市などで育った女性パイロット及位(のぞき)ヤエさん(1916〜2005年)の若き日を描く。4月11日に予定していた初日は、これまで3度延期していた。
 初演を控えた5日、わらび劇場で通し稽古があった。主人公ヤエ役の川井田南さんは「また演劇の灯をともすことができる。初主演でもあり、こんなにうれしいことはない」と話した。航空学校の同期生を演じる鈴木裕樹さん(大仙市出身)は「演劇ができる喜びを感じて舞台に立ちたい」と語った。
 「空−」の公演は来年1月3日までを予定している。


関連ページ: 秋田 社会 新型コロナ

2020年06月06日土曜日


先頭に戻る