宮城のニュース

蔵王町長選 現職の村上氏、5選出馬へ

村上英人氏

 任期満了に伴う宮城県蔵王町長選(9月22日告示、27日投開票)で、現職の村上英人氏(68)が、5選を目指して無所属で立候補する意思を固めたことが6日、分かった。町議会6月会議で正式表明する見通し。
 村上氏は同日夜、後援会役員会で意思を伝えた。河北新報社の取材に、全3中学校統合による新設校整備や防災・減災対策などに引き続き力を入れる考えを強調。「新型コロナウイルスの影響で停滞した地域経済を復活させたい」と述べた。
 村上氏は蔵王町出身、仙台育英高卒。会社員、蔵王町議3期を経て2004年の町長選で初当選し、現在4期目。
 同町長選には、同町の会社社長勅使瓦正樹氏(61)が立候補を表明している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年06月07日日曜日


先頭に戻る