青森のニュース

青森グルメを堪能 県観光連、アスパムでドライブスルーマルシェ

乗用車内で弁当を受け取る来場者

 新型コロナウイルスの流行が続く中、青森市の青森県観光物産館アスパムの西側駐車場で6日、手作りの弁当やスイーツを車に乗ったまま購入できる「ドライブスルーマルシェ」が始まった。6月の土、日曜に開催する。
 ハンバーガーや果物、コーヒーなどを売る県内の約25業者が参加し、日替わりで10業者が店を出す。来場者はメニューを受け取って商品を選び、好きな店の前に停車し注文する。初日は330台が訪れた。
 営業時間は午前10時〜午後3時で、支払いはスマートフォン決済「ペイペイ」に限定した。
 マルシェを企画した県観光連盟の担当者は「屋外のイベントを多くの人に楽しんでもらい、新型コロナの影響で苦境に立つ飲食店を応援したい」と話した。


関連ページ: 青森 経済 新型コロナ

2020年06月07日日曜日


先頭に戻る