福島のニュース

塩屋埼灯台の参観を再開 福島・いわき

一般参観が再開され、万国旗が飾られた灯台

 福島県いわき市平薄磯にある塩屋埼灯台で6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止していた一般参観が再開され、観光客らが次々と訪れた。
 灯台には万国旗が飾られ、福島海上保安部の職員や地元ボランティアがオリジナルグッズを配るなどして歓迎。朝方は濃かった霧も次第に消え、来場者は灯台からの景色を楽しんだ。
 2月28日から臨時休業していた。今月4日に福島海保が安全点検を実施し、受付窓口に消毒用アルコールを設置するなど感染対策を講じて受け入れ態勢を整えた。
 塩屋埼灯台は全国でも数少ない一般参観可能な灯台で、年間3万人前後が訪れる観光名所。昨年12月、初点灯から120年を迎えた。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年06月07日日曜日


先頭に戻る