秋田のニュース

「あったらかわいいね」を商品化 こけし専用帽子 秋田の漆器店企画

こけしにかぶらせた帽子とこけし台
こけしの専用帽子や丸形と升形の台

 漆器の産地として知られる湯沢市川連町の阿部始(はじめ)漆器店が、こけしにかぶせる専用帽子の販売を始めた。木地山こけし(湯沢市)の素材と同じイタヤカエデに漆を塗って仕上げた。
 同店は5年ほど前から店頭に約1000本のこけしを陳列して販売。客から「こけしの帽子があったらかわいいね」と提案され、高さ15〜18センチの小型こけしに合うように商品化した。
 「こけ女」と呼ばれる女性の間では、旅先で持参したお気に入りのこけしと写真撮影するのがブームだという。阿部均代表は「漆塗りの帽子は日焼けや雨に強い。帽子をかぶったこけしと一緒に旅へ出掛けてほしい」と話す。
 専用帽子は1500円。こけし1体を置ける丸形の台(500〜2000円)と5体を収納できる転倒防止用の升形の台(5000円)も販売している。連絡先は同店090(5237)2027。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2020年06月08日月曜日


先頭に戻る