宮城のニュース

七十七銀、人材紹介業に参入 同行の定年退職者紹介も

 七十七銀行は9月1日から人材紹介業に参入する。少子高齢化や人口減少で労働力不足が課題となる中、取引先の人材確保につなげるとともに、ニーズが合えば同行の定年退職者を紹介する。
 事業は人材紹介会社と連携して取り組む。行員が企業から業務内容や労働条件などを聞き取り、求人票を作成して人材紹介会社に提出し、求職者とのマッチングを進める。主に経営幹部や管理職ら企業活動の中核人材を紹介する。
 取引先企業では営業や経理、総務を担う人材のニーズが多く、条件が合う同行のシニア人材の活用も狙う。小林英文頭取は「経営課題解決に向けて人材面で支援し、企業の持続的成長に貢献したい」と説明する。


関連ページ: 宮城 経済

2020年06月10日水曜日


先頭に戻る