宮城のニュース

<楽天>西武と練習試合 5−7で競り負ける

西武との練習試合に先発し、4回5失点だった東北楽天・弓削

 プロ野球は9日、各地で無観客の練習試合を行った。東北楽天はメットライフドームで西武と対戦し、5−7で競り負けた。
 先発弓削は制球に苦しんだ。一回に外崎(富士大出)の先制打と栗山の2点打で3点を奪われ、二回は源田の中前適時打、四回は木村の中越えソロで失点を重ねた。5−5の七回には4番手寺岡が、川越に勝ち越し2ランを許した。
 打線は0−4の四回、浅村、ブラッシュの連続適時打、ロメロの2ランなどで5得点し一時逆転したが、五回以降は西武の継投にかわされた。
 ヤクルトは発熱から復帰した村上の3ランなどで日本ハムに5−3で競り勝った。中日は京田(青森山田高−日大出)の2ランなどでロッテを11−5で破り、広島は阪神に8−1で快勝した。
 巨人は8−6でDeNAとの乱打戦を制した。ソフトバンクは2−0でオリックスを下した。

東北楽天000500000−5
西  武310100200−7

(東)弓削、青山、高梨、寺岡、牧田、森原−太田、足立
(西)高橋光、田村、森脇、宮川、平良−森、柘植
(本)ロメロ(楽)木村、川越(西)


2020年06月10日水曜日


先頭に戻る